医療事故専門の弁護士が存在する。その実態とはいかに

医療事故とは何

現代社会においては、誰もがミスをします。 ですが、それはお仕事の分野では時にはミスだけでは第三者側が許さないケースも多々あるのが実情です。 そして医療分野などでは、1つのミスが多くの患者の命を左右しかねない為、とても慎重な対処と対応が必要となります。 ですが、医療訴訟という言葉がある様に、どうしても防ぎきれない事柄であり、医療事故というのは否応なしに発生するのは日々の現場の悩ませる要素でもあります。 そして今回の記事の題材は、そんな医療事故を起こした病院側の責任を追及する患者の側に立った記事です。 今回は「医療事故があった際に弁護士に相談する場合」という前提でお話を進めます。 もし、医療事故があって弁護士と相談する際にはどうすればいいかと言うと、まず情報を纏める事が大切です。

よくある事なのですが、弁護士に相談しても弁護士との意思疎通の失敗により医療事故に対する責任追及が変な流れになる、または弁護士との歩調を合わせるのを失敗するという事が多々あります。 これは医療事故という、一般人では知識の少ない医療分野も絡む要素だからでもあると言えます。 そして弁護士側も、医療訴訟専任弁護士などならば話は別かもしれませんが、専任ではないなら特化している訳ではないので知識ベースは相談者側と横ばいになっているケースもあります。 その為、重要なのは相談したい医療事故の「内容」を細かく資料を集め、尚且つちゃんと口頭で説明する(または文書で説明したい事柄を箇条書きで手渡してから口頭で話し合う)などの事が大切です。 そうしないと、弁護士側もどういう形に医療事故の責任追及を持っていきたいのか分からない為、歩調が合わせられない事となります。